公開履歴
落ち込んでいる男性

「自分は早漏なのではないか」と半信半疑ながらもコンプレックスを抱えている男性はとても多いようです。
そもそも早漏の定義とはどのようなものなのでしょうか。
そして、早漏を自分で改善する為には薬を服用しなくてはいけないのでしょうか。
今回は、早漏改善に役立つ色々な方法をご紹介していきます。
人にはなかなか相談できないことだからこそ、こっそり治すことを望んでいる男性も多いようです。
コンプレックスを解消して自信を取り戻しましょう。

治す前に知っておきたい早漏の定義

早漏と一言で言ってもその認知には個人差があります。
まずは定義について考えていきましょう。
早漏の基準は、「膣内に挿入後30秒間射精を我慢できない状態」や「1分~2分以内に射精してしまう場合」とされています。
これは一般的な認識のようですが、実はより明確に定義されているものがあります。

早漏の定義に関しては、ISSM(国際性機能学会)という機関が提示していて、「挿入前または挿入後、1分以内に射精することを特徴としている男性の性機能不全。
膣挿入段階で射精をコントロールできないことやそれに伴う苦痛、わずらわしさ、欲求不満などの性的な事柄に対して負の影響をもたらすこと」とされています。
射精時間だけで判断するのではなく、あくまでもそれによって起こる事象全てに対して負の影響がある場合を早漏と定義しているのです。

膣内に挿入してからの射精時間に関しては、1分以内の場合を早漏と定義することはほぼ間違いないと言えますが、それ以外の部分に対しても該当していることを知ってください。
ほとんどの男性がそうですが、性行為中に射精までの時間を測っている人はいません。
その為、体感時間的に早いと感じたものが早漏と認知されていると言っても過言ではないでしょう。

また、女性が満足する前に射精してしまうことも定義としては該当しているということになります。
女性が満足するタイミングに合わせて射精コントールができるのが本来であれば望ましいのですが、実際にはそれよりも前に射精してしまう男性が多いのも事実です。
しかし、だからと言ってそれらを全て早漏と定義していいのかについてはそうとは断言することができません。

これらの定義に共通して言えることは、男性自身がその事実に対して負の影響を感じているということです。
その感情がある場合は早漏と考えてもいいのかもしれません。
射精時間が短くても気にならないという男性の場合は、この定義から考えると該当していないとも言えるのです。
男性本人がどのように感じているかも重要な項目と言えるのではないでしょうか。
性行為の相手である女性が不満に思っているだけで、男性自身がそう感じていない場合は積極的に治すこともありませんので、改善はないのでしょう。
男性がどのように感じているかが定義の一つと言えるのです。

肉体的な要因による早漏について

ここからは、早漏の細かい要因について考えていきましょう。
要因には肉体的なものと精神的なものがあると言われています。
ここでは肉体的な要因について詳しくお話していきます。

まず、肉体的というのは病気が隠されていたり、疲労が溜まっている場合などが該当します。
勃起不全や射精不全などの症状が出る場合、病気が隠れていることも考えておかなければなりません。
例えば、糖尿病などはその一つと言えるでしょう。
自覚症状はないものの、勃起不全になりやすかったり、射精コントロールがうまくいかないなどの状況がある場合、病気である可能性も頭に入れておいてください。

また、すでに持病を持っている場合には投薬されている薬によっての副作用の可能性もあります。
早漏の場合は、勃起状態を維持することができないという面もありますので、これらの影響を受けていることも頭に入れておきましょう。

そして、疲労というのも該当する一つの要因です。
人間の体は疲れが溜まってしまうと通常の状態に比べると色々な不具合が出てきてしまいます。
疲れすぎると感度が落ちることが多いのですが、逆に早漏になってしまうこともあるようです。
また、疲れているのに性行為をしたくなるという欲求を感じている男性も多く、そのような時にチャレンジするといつもとは異なる内容になってしまうのです。

加齢も要因の一つです。
年齢を重ねると性行為自体の回数が減少します。
これには個人差がありますが、性行為の回数が少なくなるということは、不慣れな状況を作り出してしまうのです。
それによって、いつもよりも感度が良くなってしまい、射精時間が短くなります。
また、加齢が進むと勃起不全などで悩まされることも増えてくるので、そのタイミングを見計らって性行為をすることになるでしょう。
薬に頼っている男性も増えてきますので、射精コントロールがうまくできなくなることも少なくありません。

このように肉体的なことが要因になり、早漏気味になってしまうことはよくある話です。
病気が隠れている場合は、病気を改善することによって治すことも可能ですし、薬の副作用であれば服用をやめることで改善することもあるでしょう。
疲労感によるものであれば、休息をとることで改善することができます。
加齢に関してだけは簡単ではありませんが、健康的な生活を送ることで改善することも可能なのです。

精神的な要因による早漏について

精神的な要因による早漏の方が肉体的な要因よりも厄介と言えます。
人間の肉体と精神というのはとても密接なもので、強いストレスを感じている時には肉体に影響が出てしまうものです。
現代社会はストレス社会と言われていますので、ストレスを感じない生活をしている人はほとんどいないと言えるでしょう。
ストレスも早漏にはとても厄介な存在です。

例えば、性行為に対して未熟で不慣れな時は誰でも早漏気味になってしまうものです。
これは、女性との性行為に対する興奮と緊張が理性よりも勝ってしまう為、本能的になることが要因と言えます。
徐々に慣れてくれば、射精コントロールもうまくいくようになりますので安心してください。
もちろん女性が変わればその都度同じような状況になるかもしれませんが、性行為の経験値を積むことで改善することが可能です。

それよりも厄介なのが、女性から早漏であることを指摘され、コンプレックスとして抱えてしまう場合です。
跳ね除けるような強さを持っているのであれば、改善することも可能ですが、性行為自体に自信を無くしてしまう場合には治すことも簡単ではなくなります。
男性にとって、女性からの性行為の評価というのはとても気になるものです。
そのことについてダメ出しをされてしまうと、精神的に思い悩んでしまうのも無理はありません。

性行為を行うことに対して自信がなくなってしまうと、膣内に挿入する前に射精してしまったり、途中で萎えてしまい挿入することができなくなってしまうなどのトラブルに発展しやすいのです。
まずは、気持ちを改善することが大切です。
女性に言われた言葉で深く傷つきどうにかしたいと考えている場合は、心から信頼できる女性に協力してもらうことをおすすめします。
早漏であることを理解して、一緒に改善していこうと言ってくれる女性を探すことも早漏を治す上では重要となってくるでしょう。

コンプレックスが強く、性行為に対し嫌悪感を持ってしまうような場合は、専門家の治療を受けることも考えてみましょう。
精神的な要因を改善することができれば、早漏に対してのコンプレックスも改善していくことが可能です。
まずは、自分が肉体的なことが要因なのか精神的なことが要因なのかを考えてみることが大切です。
それによって治すアプローチが変わってきます。

記事一覧
アミノ酸の一種であるトリプトファンとは 2020年05月25日

トリプトファンは必須アミノ酸の一種です。体の中でセロトニンやメラトニンの材料となるため、不足すると、体内でセロトニン、メラトニンが不足する原因になります。セロトニンは、睡眠や食欲にも大きな影響を与えており、ストレスを緩和させ心を落ち着かせる働きがあり、幸せホルモンと呼ばれています。メラトニンは眠気を...

PC筋トレーニングとは 2020年03月27日

PC筋トレーニングという言葉を知らない人もいるかもしれませんが、PC筋トレーニングは、PC筋という筋肉を鍛えることです。PC筋を鍛えると早漏が改善すると言われていますが、それは射精を我慢する筋肉だからです。PC筋トレーニングのやり方を身に着け早漏を改善しましょう。尿をしている最中に、尿を止める感覚を...

早漏の人は包茎の場合が多い 2020年04月26日

早漏になると男性としての自信がなくなるので、いろんな悪影響が出てしまいます。パートナーにも迷惑がかかるので、できるだけ早めに早漏を改善することが大事です。早漏の人は包茎の場合が多いので、自分が包茎の場合は、包茎の場合の対処法を実行してください。包茎だとなぜ早漏になる確率が高いかというと、包茎だと常に...